2015年6月12日

暦 【腐草為蛍(クサレタルクサホタルトナル)】

 

6/11から6/15の間、二十四節気七十二候は ”腐草為蛍 -くされたるくさほたるとなる- ” と言います。
昔の人は、腐った草や根などが蒸れたら蛍に生まれ変わると信じていたそう。幼虫は土に潜ってからサナギになり、羽化して土の中から出てくるからそう思われたのでしょう。
今頃が、誕生する時期ですね。
           
成虫になってからは2週間の命。
ここにも光る蛍。

蛍は竹製、大きさは1cm。触覚も竹で作って植えつけています。長さは6mm。


夕闇に提灯を持って歩きながら蛍狩りをする少女。提灯の明かりに誘われ手に止まった蛍は淡い光を発しています。ユラリ揺れる提灯の動きが心地よく、しっとりとした煤(スス)竹と笹の彫刻も、雨模様に合います。

越前竹人形は可愛いからシックまでさまざまなタイプがありますが、腐草為蛍の今の時期はこちらが合う、とおすすめします。実店舗とオンラインショップにて販売しております。
雨でお家にこもりがちな季節。お部屋飾りで気分を変えて、憂鬱な梅雨を乗り切りましょう。

越前竹人形の里 店内様子

越前竹人形の里 店内様子