2016年9月15日

中秋の名月 竹の「月うさざ」


こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。
今日 9月15日は「中秋の名月」 です。お月さまはバッチリ見れるのか・・・

予報では綺麗な名月を見ることは難しいようですね。昔の人は、月が見えないことを「無月」と言い、月が無くてもそれなりに楽しんだとか。

と、いうことでそれなりにやってみようと、「ウサギ」を倉庫で探してみました。この兎は15年以上前に作ったものですが、月日の経過を感じさせないほどそのままの状態で残っていました。
竹人形は、年月が経過するにつれ薄いベージュ色から飴色へと変化していきます。この天然竹特有の色の変化は、重厚感が増していく竹としての味わいの一つ。たまに出して確認するといい色になっていることがありますよ。保管状況が適切ならば、保管期間に関係なく状態を保っているのも竹細工のよいところ。保管状態が適切とは・・・ざっくりいうと、湿度の有無は竹の状態を左右します。乾燥した場所に保管しておくと割れてしまう、逆に湿度が高すぎると(あまり無いことですが)カビが生える原因を作ってしまうのです。とは言え、神経質に考えるとしんどくなりますので、湿度には注意!と覚えて頂ければと思います。

和紙ライトをお月さまに見立てた餅つきウサギ。マカダミアナッツチョコレートで月見団子を作ってみました。マシュマロバージョンも。月見団子っぽく完成したと錯覚しているのですが、いかがでしょう。即席ではありますが、簡単お月見気分を楽しんでみました。みなさまにも中秋の夜を感じて頂けると幸いです。今夜、キレイなお月さまが見れるといいですね。