2018年12月10日

特注オーダー品【かぐや姫】煤竹


こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。福井は今日初雪でした。
12月から冬期営業となり、平日と土日祝では営業時間が異なります。
せっかく来たのに。。となると申し訳ありませんのでお時間ご確認の上、ご来店をお願い申し上げます。


さて、特注品の竹人形がようやく完成・納品となりました。

ご依頼希望は、「越前竹人形の里の黎明館にある「香具夜」」でした。
香具夜と書いて「かぐや」と呼びます。展示館でも人気のかぐや姫をモデルにしたお人形♪


越前竹人形「香具夜」師田黎明:作

竹材は「煤竹」をご指定です

煤竹については前のオーダー品「羽衣」の記事にも書きましたが、越前竹人形の里が一番高級品として扱っている竹材です。昨年、ご縁あって滋賀の収集家さんからたくさん選別仕入れが出来ましたが、使ったら無くなるので(そりゃ当たり前だ(;´Д`))本当に在庫数が限られています。

1本の煤竹。


やはり、美しい。。さすが、数百年経た天然飴色。

(選んできた竹を見て自画自賛しています。)
かぐや姫の特筆すべきはロング髪。長さは50cmあります。
竹の節は作品には使わない部分。節と節の間を使いますので節間が50cm以上の竹じゃないと作れません。


オーダー品 煤竹 「かぐや姫」

越前竹人形の里の工房に来て下さったことがある方はご存知でしょう、
職人が極細に竹を割っている姿を。竹割り、という技法でこんな感じに使います。

かぐや姫 製作 頭部

後ろ姿。
全面ガラス張りのショーケースもお誂えして下さいました。末永く、後ろ姿や美髪まで360度ご鑑賞いただけるのは非常に嬉しいです。
かぐや姫 後ろ髪

扇の浮かし彫り。こちらも竹人形技法、竹人形の衣裳にふんだんに施しました。

かぐや姫 扇 瑞雲浮かし彫り 金粉仕上げ

雲の模様は「瑞雲」。
良いことが起こる前兆といわれる瑞祥柄は、着物によく見られる吉祥文様です。瑞祥の種類はいろいろありますが、月に帰るかぐや姫に似合う文様として選びました。ちなみに鳳凰も瑞祥の1つ、こちらは瑞獣と言いますね。

越前竹人形「かぐや姫」オーダー完成

無事に御嫁入を果たせました。ありがとうございます。
今回は、ご希望に適した材料が見つかるまでお時間を頂戴しました。お待ちいただいて申し訳ありませんでしたが、妥協せずに竹材を探求し今後も引き続き制作に励みます。

2018年11月29日

館内の電気系統の故障・停電について

こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。

11月25日のことです。
突然、電力が停止した、と深夜に警備会社より連絡を受けました。

そこから4日間・・

電話ができないし鳴らない、ネットできない、コピーFAXもレジも動かない、
冷蔵庫の商品ヤバい!トイレが流れない!、夕方になると真っ暗だし。。

ざっとこんな感じでした。

でもでも、本日復旧しました。嬉しいです!
完璧とはいえませんが、それでも仕事が出来るので十分にありがたいです。


今回の出来事を振り返ると、
越前竹人形の里は昭和61年に開業しました。西暦では1986年、32年前です。

開業前、竹林の中にある和風店舗をイメージしたので景観にこだわりました。
こだわりの1つが電柱です。


臨時電柱。黒いケーブル?に電気類の線があるそうです。

竹林に電柱が立つのは、自然の中に不自然がある。表現が上手ではありませんが、美しい竹林の景観を守りたかったので電気系統等の全ての線は地中に埋めました。

そう、電気の線は土の中。これが4日間という修理に長くかかった理由です。
埋めてある線を全部掘り起こさないとどこが原因か調べられないとのこと。
宙に浮かんでる線だと容易に判断できるんだそうですが見えないので分からない、
しかも、部品の取り寄せに数日、最悪一週間はかかるとのこと。

ええッ?!・・マジっすか。。。です。(泣)


電線。工事のため、臨時で竹林に電柱が設置されました。

竹人形の電話が繋がらない!と店舗まで来てくださった皆様、遠く離れた場所で心配して下さった皆様、本当にご迷惑とご心配をおかけして申し訳ございませんでした。

停電中でも来店してくださったお客様、ご理解いただき本当にありがとうございました。

明るい場所を探して人形を作ったり、会計レジが動かないので電卓で計算をしたり、
アナログな生活を体験しました。

・・トイレが流れないって、ほんと辛いですよね。
ちなみに、越前竹人形の里のトイレ事情ですが、施設の後ろは山ということもあり周囲より高い地形に建っているので、水道水はポンプで汲み上げています。ポンプには電力が必要なんです。


夕方が近づくと店内は暗闇になるのでアウトドア用ランタンで対応しました。

たくさんの工事関係者様のご協力によって本日より、通常営業しております。
お世話になりありがとうございました。

工事費用はいくらかかるのか、経理部署がドキドキしています。復旧のスピードを優先したのでかなりの金額になるのは間違いない?!と予想してしていますが(汗)




平成最後の年、皆様はどんな出来事がありましたか?

越前竹人形の里は大雪に始まり、停電で締めた2018年でした。
これ以上、災難が降りかかることが無いよう願いつつ新しい年を迎える準備をいたします。

これからも頑張りますので引き続き、ご愛顧よろしくお願い申し上げます。
そしてスタッフ一同、ご来店をお待ちしております!




2018年10月14日

2019年干支置物「亥」発売開始!


こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。
限定縁起干支イノシシ、発売となりました~。

毎年楽しみにしてくださっているリピーター様の声とご注文、新規にご購入してくださるお客様、本当にありがとうございます!お陰様でスタッフ頑張れております。

越前竹人形は全て国産竹を使用、材料の竹の買い付け、竹割りから絵付け梱包まで、全て当職人たちの手作業です。

小さい工房で、数人の職人で対応しているので大量には作れません。そのため欠品でご迷惑をおかけすることもあります。申し訳ありません。
今年も「亥」大サイズが500個、小サイズが2000個の数量限定で販売です。

平成最後の干支になります。ご購入をよろしくお願いいたします。






2018年も残り2か月半で終わります。平成最後の年が干支で一番最後のイノシシとは、キリがよくて気持ちも新たにスタートできそうです。

とはいえ、ハロウィンも済んでないのにお正月の準備なんて、、
確かにそんな気分でもないかもしれませんが。。。お世話になった方に今年最後のご挨拶用としてもご利用いただけています。

「息災」「開運」と縁起良いメッセージが詰まっていますので手土産としてもいかがでしょうか。



ヒルナンデスにてご紹介いただきました!ありがとうございます。










































































2018年9月25日

2019年干支置物「亥」発売します。

こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。
干支置物がようやくご報告の運びとなりました。

早いもので2018年も残り3か月と少し。越前竹人形の里にとって1年で3本の指に入る繁忙期の到来を実感する秋。そう、今年も干支販売の時期がまいりました。

2019年の干支は「いのしし」。

十二支最後の「亥」年。一周しましたね、12年間頑張りました。そして平成最後の干支となりますね。

いのしし干支の発売日に向かって、縁起干支置物を現在急ピッチで作っています。


こちらは黒色の亥、小サイズです。観賞用としても人気の黒竹(クロチク)で制作。

文字とおり黒竹は黒色なのですが、インクのような真っ黒色ではなく、柔らかい焦げ茶色を混ぜあわせた感じです。
よく見ると点描のような模様がありまして、これは竹が自ら作りだす模様で人間でいうと指紋みたいなもの、で同じ模様はないのだそうです。


無いとなんだか寂しい(気がする)「開運」文字の絵馬作り。紐をつける作業中です。

絵馬プレートの大きさは、干支のサイズに合わせないとバランス悪くなるので全て手作りです。納得のいく仕上がりになります。妥協してません。


ちょっと余談ですが、

イノシシの歴史を調べてみました。縄文時代から存在するそうです。
当時からイノシシの肉は、貴重なタンパク源として重宝されました。当時は牛肉なんてありませんし、肉が貴重品であり大切な家畜だったことも納得です。

ゆえに「猪の肉を食べると万病に効く」と言い伝えられてきており、

無病息災」の縁起物とか、「山の神」と呼ばれていたのも分かります。
現代は、鳥獣被害対策のやっかい者になっていますが縁起良い動物だったのですね。


そして、イノシシはブタの祖先だということはご存知でしょうか。
起源が同じだから・・でしょうかね、サンプル製作時にイノシシを作ってるのにブタになっちゃってる事も起こりました。鼻が難しかった・・と、職人側のつぶやき。


完成品がこちらです。




2019年 縁起干支置物「亥」は、10月上旬に発売予定です。
小と大の2サイズ、今年も数量限定で販売します。

実店舗・オンラインショップで販売です。ご購入よろしくお願い申し上げます!