2018年12月25日

仕事納め。元旦から笑い竹でお迎えを。

メリークリスマス!
越前竹人形の里は今日が仕事納めです。

お正月準備として門松を設置しました。
雄松と雌松....ではなく、当店は竹にこだわる竹の専門店なので 竹の門松 です。

それじゃ門松って言わないし・・というツッコミはスルー...
竹オンリーでも歳神様は来てくれるはず。多分。。かな?

そう、「笑う門には福来る」って言いますから


「笑い竹」門松。


竹の節を利用し、笑った口のように見える、縁起が良さそうで和むとかでジワジワ人気みたいです。切り方によって個性が出るので面白いですね。


「笑って損した者はなし」

笑顔で招福、来年は今年よりずっとずっと良い年になりますように。

2018年、今年も一年感謝。ありがとうございました。


たくさんのご縁を頂きましたこと、本当に感謝申し上げます。
至らない点やご迷惑をおかけしたこともありましたが心温まるお言葉も嬉しく、竹人形を作り続けることができ、お陰様で何とか無事に仕事納めとなりました。
本当に今年1年ありがとうございました。来年もステップアップを目指し精進します。
どうか越前竹人形の里をよろしくお願い申し上げますm(__)m



12月26日から31日まで休業、元旦の1月1日から営業します。
定休日は変わらず、毎週水曜日(1月2日は除く)となります。


週末から雪の予報なので、念のため準備です。使わず済むとありがたいですが。

冬の北陸の銀世界も綺麗ですが、お越しになられる時には道中お気をつけください。
タイヤチェーンの装着義務付け対象区間があります。

<北陸自動車道>
   加賀IC(石川)~丸岡IC間の18km
   今庄IC~木之本IC(滋賀)間の45km

<国道8号線>

   あわら市熊坂~笹岡間の4km


来年も皆様のご来店心よりお待ちしております!

よいお年をお過ごしください。




2018年12月10日

特注オーダーメイド【かぐや姫】


こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。今日初雪でした。
12月から冬期営業となり、平日と土日祝では営業時間が異なります。
お時間ご確認の上、ご来店くださいますようお願い申し上げます。


さて、特注品の竹人形がようやく完成・納品となりました。

ご依頼は、「越前竹人形の里の黎明館と同じ【香具夜】を、煤竹で」とご希望でした。
香具夜と書いて「かぐや」と読みます。
こちら↓の画像が、黎明展示館に展示中の香具夜人形です。


越前竹人形「香具夜」師田黎明:作

ご希望の竹材は「本煤竹」をご指定です

本煤竹については前のオーダー品「羽衣」の記事にも書きましたが、越前竹人形の里が一番高級品として扱っている竹材です。昨年、ご縁あって滋賀の収集家さんから仕入れることが出来ましたが、本当に在庫数が限られていますので貴重品です。

やはり、美しいです。数百年古民家の天井で経たこの飴色は。
人工の煤竹もあるのですが、天然は格別です。

特筆すべきはロング髪。長さは50cmあります。
竹の節は作品には使いません。つまり、竹髪は節と節の間を使うため節と節の間が50cm以上の竹が必要なのです。この50cm竹を探すのにかなり時間を要しました。




そして、竹割りという技法でこんな感じに仕上げていきます。



この度、全面ガラス張りのショーケースもお誂えして下さいました。
後ろ姿や髪まで360度鑑賞できるのは非常に嬉しく思います。


扇の浮かし彫り。
こちらも竹人形技法、浮かし彫りは竹人形の衣裳にふんだんに施しました。

かぐや姫 扇 瑞雲浮かし彫り 金粉仕上げ

雲の模様は「瑞雲」。
良いことが起こる前兆といわれる瑞祥柄は、着物によく見られる吉祥文様です。瑞祥の種類はいろいろありますが、月に帰るかぐや姫に似合う文様として選びました。

越前竹人形「かぐや姫」オーダー完成

ご希望に適した材料が見つかるまで1~2年のお時間を頂戴しました。
無事に納品できましたが、お待ちいただいて申し訳ありませんでした。でも非常に納得のいく竹人形が完成しました。

ご縁をいただき、制作の機会を頂き誠にありがとうございました。
保管後のお困り事はいつでも何年先でもお気軽にご連絡ください。