2016年12月16日

虎竹で作る【虚無僧】 -オーダー品-

こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。

越前竹人形の里は、いろいろな竹のオーダーメイドのご依頼を頂きます。
ミラクル形状や大きいサイズ、想像もしなかった使用目的等々・・・オーダーメイドはワクワクしつつ悩ましいものが多いです。多くの共通点は”プレゼントしたい人”がいること。これなら持っていないかな、喜んでくれるかなと贈る方を想いながらのご依頼です。

最近のお品は、虎竹を使った「虚無僧」でした。
「虎竹」とは、これです。 正式には「虎斑竹(トラフダケ)」といいます。


特徴はこの模様。この模様は竹幹に菌が付着してできるもの。菌が模様を作るのですが、この菌の生息地域は極一部、地域限定のためどこでも虎竹が生えるという事はないです。人間が操作して作れる模様でもなく、自然界にお任せして完成する珍しい天然鑑賞竹です。


倉庫に3年寝かせてあった虎竹。ツヤツヤしてどっしりと構えたような貫禄もあり美しいです。
ちなみに、特に美しいと言われる虎斑竹は岡山県で、天然記念物に指定されています。天然記念物だから伐採はNG、欲しくても手に入りません。


胴詰めが完了し、人形らしくなってきました。さて、次に取り掛かるかという感じのうちの職人さん。45年の経歴の持ち主です。


虚無僧といえば、絶対の必需品!尺八と天蓋(テンガイ)です。尺八も細竹を使って作ります。この天蓋(テンガイ)、虚無僧が被る笠の名前ですが、編み手さんが高齢化で辞めていきます。人形小物業界も跡継ぎ不足や高齢化が来ております。悩ましいです、困ります。

完成した「虚無僧」。つい、自社作品を褒めてしまいます、渋いです、coolです、31cmです。
日本の文化・風俗をこうして人形にして残していけることも作る側として嬉しいことだと思います。喜んでいただけるでしょうか。ご依頼ありがとうございました。。。