2018年12月10日

特注オーダー品【かぐや姫】


こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。今日初雪でした。
12月から冬期営業となり、平日と土日祝では営業時間が異なります。
お時間ご確認の上、ご来店くださいますようお願い申し上げます。


さて、特注品の竹人形がようやく完成・納品となりました。

ご依頼は、「越前竹人形の里の黎明館と同じ【香具夜】を、煤竹で」とご希望でした。
香具夜と書いて「かぐや」と読みます。
こちら↓の画像が、黎明展示館に展示中の香具夜人形です。


越前竹人形「香具夜」師田黎明:作

ご希望の竹材は「煤竹」をご指定です

煤竹については前のオーダー品「羽衣」の記事にも書きましたが、越前竹人形の里が一番高級品として扱っている竹材です。昨年、ご縁あって滋賀の収集家さんからたくさん選別仕入れが出来ましたが、使ったら無くなるので(そりゃ当たり前だ(;´Д`))本当に在庫数が限られています。

1本の煤竹。


やはり、美しい。。さすが、数百年経た天然飴色。

(選んできた竹を見て自画自賛しています。)
かぐや姫の特筆すべきはロング髪。長さは50cmあります。
竹の節は作品には使わない部分。節と節の間を使いますので節間が50cm以上の竹じゃないと作れません。


オーダー品 煤竹 「かぐや姫」

越前竹人形の里の工房に来て下さったことがある方はご存知でしょう、
職人が極細に竹を割っている姿を。竹割り、という技法でこんな感じに使います。

かぐや姫 製作 頭部

後ろ姿。
全面ガラス張りのショーケースもお誂えして下さいました。末永く、後ろ姿や美髪まで360度ご鑑賞いただけるのは非常に嬉しいです。
かぐや姫 後ろ髪

扇の浮かし彫り。
こちらも竹人形技法、浮かし彫りは竹人形の衣裳にふんだんに施しました。

かぐや姫 扇 瑞雲浮かし彫り 金粉仕上げ

雲の模様は「瑞雲」。
良いことが起こる前兆といわれる瑞祥柄は、着物によく見られる吉祥文様です。瑞祥の種類はいろいろありますが、月に帰るかぐや姫に似合う文様として選びました。

越前竹人形「かぐや姫」オーダー完成

無事に納品できましたが、ご希望に適した材料が見つかるまでお時間を頂戴しました。
お待ちいただいて申し訳ありませんでした。でも非常に良い人形が完成しました。

竹材を探求する姿勢は、今後の制作する上でのテーマでもあります
ご注文ありがとうございました。