2019年11月23日

特注オーダーメイド【天照大御神】

こんにちは、越前竹人形の里スタッフです。
天皇皇后両陛下が伊勢神宮に参拝されたお姿は気品に溢れて感動しました。日本の儀式は厳かで本当に素晴らしいです。

お伊勢さんと言えば・・ご紹介する越前竹人形は、天照大神様です。

一番最初にご連絡いただいた時は嬉しいご依頼で心躍る気持ちでしたが、日本の象徴の神である天照大神を竹人形にする。。と思うと恐縮で胸がそわそわざわざわしつつお聞きしたものです。


使用した竹は「真竹(マダケ)」。(鏡の台座のみ煤竹使用)
真竹は古くから日本に自生していたと言われる竹で、祭祀や武具、日用品から食品・包装材とありとあらゆるシーンで非常に幅広く利用されて親しまれている日本竹です。


装身具も人形のサイズに合わせた寸法で全て手作りしました。
もちろん竹を使って、です。


非常に細かく職人泣かせのパーツ部分なのですが、サイズとバランス感は肝です。こんなところでもと思われますがここ、手を抜くと完成後が台無しになります。場合によってはやり直しです。なので、何度でも試作品を作ります。


お顔も何十回、いやそれ以上と検討したでしょうか。。

オーダー竹人形のデザインは、過去に制作したものを原案にしてこちらで提案することがほとんどなのですが今回は、ご依頼者様がご自身なりの天照大御神像を具体的にイメージされておられました。そのイメージをお聞きし、当方でもイメージを膨らませます。


竹筒が材料なので出来る事と出来ない事があり、自立もさせないといけないのでやりたいけど難しいな~ということもしばしばありますが。


越前竹人形の鉄板技法の、長い竹髪。
この技法は工房で日々実作業しておりますのでご興味のある方はぜひ越前竹人形の里でご覧になってください。


ご依頼から約一年、こちらの不手際でお待たせして申し訳ありませんでした。
今年の夏、無事に納品させていただきました。

ご縁をいただき、制作の機会を頂き誠にありがとうございました。
保管後のお困り事はいつでも何年先でもお気軽にご連絡ください。